生涯のコンタクト代とレーシック
注意点

生涯のコンタクト代とレーシック

お金で全てが解決できるわけではありませんが、少しだけお金をかけるだけで、目の視力が回復できるならそんなよい方法を使わないわけにはいきません。
今眼鏡やコンタクトレンズを使用している人ならレーシックはいくらくらいの費用がかかるのかがとても気になると思います。
レーシックにかかる費用は一番安いもので10万円前後です。

しかし、たいていは20万円以上かかり多くても30万円前後の手術費用で収まるようになっています。
ただ、レーシックにかかる費用は健康保険の適応外になっていますので、レーシックを受ける際にはお金を用意する必要があります。
お金がないときは、ローンや他の人から借りてきて手術を受けることもできます。

ところで今コンタクトレンズを使っている人は、月にいくらの費用がかかっているのでしょうか?たいては数千円かかっていると思います。
仮に月に5000円ほどコンタクトレンズの維持費用にかかっているとしたら、4年程度コンタクトレンズを使用した場合、25万円ほどになってしまいます。
そうすると、同じ金額でレーシックの手術を一回受けることができます。

もし視力が下がらないとしたら、レーシックを受けたほうが断然お得です。
レーシックは数十年くらい同じような視力を維持することができます。
また、老眼になってもレーシックを再び受けて視力を改善することもできます。

そうでなくても、その費用対効果を考えると断然レーシックを選ぶほうがいいことに気づくでしょう。
コンタクトレンズは意外にもこんなに費用を使っていたということに気づいたら、すぐにお金を準備してレーシックを受ける手配をすることです。
レーシックはお金では計ることのできないメリットがたくさんあるからです。
大切な目の手術だということや費用のことを説明すれば、お金を貸してくれる人やローンなどの方法も考えられます。
やりたいと思えばいろいろな方法が浮かんできますので、費用がかかるからといってレーシックを諦めないようにしてください。

このページの先頭へ