想像しよう!レーシック後の自分の未来
注意点

想像しよう!レーシック後の自分の未来

レーシックを受けたいと思っているのに、今一つ乗り気がしないという人が多いのが事実です。
また、今の現状に満足していて、特に受ける必要も感じていない人もいます。
眼鏡やコンタクトレンズは手っ取り早い方法で視力を矯正できる方法です。

そして、かなり手ごろな値段になってきました。
ところがレーシックは、費用も数十万円かかりますし、その手術もいろんな方法があって、ちょっと気が引けるという人も多いといえます。
そんなことを考えているうちに、レーシックのことは忘れてしまい、結局レーシックとは無縁の生活を送っていることになります。

そのような煮え切らない踏ん切りのつかない人は、レーシック後の自分の未来を想像してみましょう。
レーシックをする前とレーシックをした後とでは、本当に違った世界が待っています。
まず、視界がとてもクリアになります。

そして、眼鏡のように枠のない世界がやってきます。
コンタクトレンズなら、眼の中に異物をいれているので、少し違和感を感じて生活していますが、そうした違和感も全く感じることなく生活できます。
つまり、ストレスの全くない生活をすることができるのです。

見た目を重視したい人なら、眼鏡のフレームや分厚いレンズとはおさらばです。
そして、度が変わってしまったときに、買い換える必要もありません。
眼鏡やコンタクトレンズは消耗品ですが、自分の眼は消耗品ではありません。

死ぬまで使えるものです。
眼を大切にしたいと思うなら、最大限にその機能を発揮させてあげるほうがいいに決まっています。
レーシックはその可能性を与えてくれるものです。

もちろん、今までと同じような生活をしていると、視力が元に戻ってしまうこともありますが、たいていは眼鏡やコンタクトレンズのいらない生活が待っています。
眼鏡のいらない生活は、何も束縛のない生活です。
そうした自分の未来を想像すれば、明日にでもレーシックの話を聞いて、レーシック手術を受けたいと思うことでしょう。

このページの先頭へ