さよならメガネ男子。レーシックへの挑戦。
注意点

さよならメガネ男子。レーシックへの挑戦。

眼鏡をしている人で、レンズの度がきつい人は多いでしょう。
そして、男子や男性が眼鏡をしているのは、珍しくないことです。
メガネ男子と呼ばれるように眼鏡をしている男子は意外と人気があります。

眼鏡そのものがファッションとして捉えられているからです。
伊達眼鏡をしている人もいますが、度が入っていない眼鏡は、見た目にはすぐにわかります。
また、眼鏡はおしゃれな人はたくさん持っていますが、そうでない人はそんなにたくさん持っているものではありません。

メガネ男子とはもうお別れしたいという人はレーシックに挑戦してみましょう。
伊達眼鏡やサングラスなら、目がよくなってもかけることができます。
TPOに合わせて眼鏡をかけたり、別のときには何もつけずに外出するなど、そうした眼鏡の使い方のほうがおしゃれなこともあります。

動機はどうであれ、度が進むと買い換える必要のある眼鏡よりも、今から数十年も裸眼で過ごせるレーシックのほうがやっぱりいいと思っている男性がほとんどです。
なんとなく、気乗りしないといった男性もこの機会にレーシックを受けてみてはいかがでしょうか?レーシックを受けて、裸眼で過ごしていると必ず女性からも声をかけられます。
ここで驚いてしまうのは、メガネ男子だったときとは全く違うタイプの女性からのアプローチもあるようです。

つまり、メガネ男子であっても、普通の男子であっても両方のタイプの自分があるということなのです。
レーシックを受けることで、二つのタイプの自分を楽しむこともできます。
ただ、モテるようになることとは違いますので、もともとモテなかったメガネ男子は、普通の男子になってもモテないかもしれません。

しかし、可能性はあります。
レーシックを受けたことで見た目だけなく、性格にも自信がついてモテるようになる男子もいるようです。
このように、レーシックにチャレンジするということが、その男子にとって、とても大切なことなのかもしれません。
こちらのレーシックプラン比較表についても参考にご覧ください
*****

このページの先頭へ