注意点

レーシックの副作用ってどのくらい?

レーシックは安全とはいっても手術が100%成功することはありません。
失敗はほとんどないのですが、レーシックは副作用が起こることがあります。
レーシックの手術で起こる副作用は一時的なものですので、あまり心配しないほうがいいでしょう。

ただし、症状がひどいときには、すぐに医師に相談するようにしてください。
レーシックの副作用は、あくまでも一時的なものですが、レーシック手術の前にカウンセリングを行い、副作用についても説明があると思います。
レーシックの副作用についてはしっかりと自分の中で認識しておけば、もしものときには慌てないで冷静に対処することができます。

副作用で多い症状にハロと呼ばれる症状があります。
ハロはレーシック後に夜の道を歩いていると、街灯の明かりがかすんだり、ぼやけたりして見えるような症状です。
こうした症状は、眼が慣れるまで時間がかかっている証拠で、遅くても3ヶ月程度で自然に治癒していきます。

ただ、夜間に自動車を運転する機会が多い人は、運転を控えたいいこともあります。
他にはドライアイの症状もよく出てきます。
眼が乾燥してしまうこの症状は、乾燥したり埃の多い天候のときや乾いた室内にいるときに頻繁に起こることがあります。

ドライアイは放置しておくと、角膜の炎症を起こすことがありますので、ひどくならないうちに病院へ行くようにしてください。
レーシックには予想される副作用は、起こることはよくありますが、これも自然現象の一つです。
視力が回復していくにつれて、気が付かないうちに改善していることがほとんどです。

また、以前からコンタクトレンズをしていた人なら、常に眼の中に異物を入れていたわけですので、あまり副作用についても気にならない人もいるかもしれません。
レーシックは、眼鏡やコンタクトレンズと違い、何もつけていない状態です。
開放感や視界の開け方がそれまでと全然違ってきますので、それだけでもとても気分のいいものです。
こちらのレーシック後のアフターサービスについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ