眼科医に聞きました。あなたならレーシックしますか?
注意点

眼科医に聞きました。あなたならレーシックしますか?

眼科医がレーシックをしたいと思うのかどうかですが、眼科医も同じような人間です。
レーシック手術をするとしたら、自分がいる病院でやりたいと思うでしょう。
また、医師は子どものころからとても勉強していることが多く、近視になっている人もたくさんいます。

眼鏡やコンタクトレンズをしている生活と裸眼の生活とは、全く違ったものになります。
眼科医も視力が悪いと、レーシック手術やその他、眼の診察に影響を及ぼすことがあります。
そうした危険性があるために、眼科医もレーシックを進んで受けることがあります。

眼科医がレーシック手術を受けるほうがいいという理由の一つには患者と同じ体験をすることにあります。
医師は患者の立場になったことがない場合があります。
病気になったときには、同じような気持ちになりますが、患者と同じ病気になることは、そう簡単にあることではありません。

しかし、レーシックは違います。
視力が悪いということは病気ではありません。
視力はさまざまな方法で矯正できるので、病気ではないということです。

レーシックは病気ではなくても受けることができる手術です。
眼の視力がどのくらい悪いのか、その程度によってレーシック手術の難度も違ってきますが、レーシックを眼科医が受けることで、病院での診察やレーシック手術のやり方でおかしいところがあれば、よくわかるようになるというわけです。
体験してみて初めてわかることもたくさんあります。

眼科医もそうした患者の気持を知ることができ、今後のレーシック手術にもよい影響を与えます。
今眼がよく視力も良好な眼科医であっても、もし視力が悪くなってきたら、レーシックを受けると考えている人がほとんどです。
眼科医も勧めるレーシックはもちろん安全で、その効果も抜群であると考えてください。
レーシックを受けたら、普通の人も眼科医も同じように視力が回復するということです。
その部分には何も違いが生まれてきません。

このページの先頭へ