注意点

レーシックに合う人合わない人

レーシックは視力を矯正する方法の一つです。
他にコンタクトレンズや眼鏡などの視力を矯正する器具もありますが、レーシックは合う人や合わない人があるのも事実です。
レーシックに合う人というと、眼鏡やコンタクトレンズが好きではない人や、ドライアイやアレルギーでコンタクトレンズをつけようとしても、生理的に受け付けない体質の人もレーシックがいいでしょう。

また、プロスポーツ選手もレーシックを受けることがあります。
例えば、ボクシングや水泳などです。
さらに仕事の都合上眼鏡やコンタクトレンズを使用できない人も、レーシックを受けたほうがいいとされる人です。

レーシックがなければ、もしかしたらできなかった仕事やスポーツがあるというわけです。
レーシックのおかげで今の自分があるという人もたくさんいるわけです。
今度は逆にレーシックに合わないという人もいます。

レーシックに合わない人でまず考えられるのは、レーシック手術ができない人です。
これはどういうことかといいますと、角膜が極端に薄いタイプの人は、まずレーシックができません。
また、網膜はく離や白内障、緑内障などの眼の疾患を抱えている人は難しくなってきます。

そして、意外なところでは妊娠中や授乳中の女性です。
このケースでは、感染症を防ぐための薬を服用できないことが理由になっていますので、出産後しばらくして、落ち着いてからレーシックを受けるとよいでしょう。
他には糖尿病や肝炎、アトピーなどの人や未成年もレーシック手術は、避けたほうがいいでしょう。

レーシックを受けても大丈夫なのかどうかは、医師の判断によります。
上記の症状や病気の人でもその症状が改善してきた場合には、レーシックを受けることができる場合があります。
レーシックに合わないからといってすぐに諦めないようにしてください。
レーシックを受けることができるかできないか、その可能性は捨てる必要はありません。
医療の発達が不可能を可能にすることもあるのです。
こちらの記事レーシックの安全性と危険性についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ